英語を話せるようになりたい。

 

 

多くの人がこう思っているにも関わらず、
相変わらず日本人は英語が苦手と言われています。

私たちの多くは中学、高校の6年間、(2008年以降は小学5、6年生含む)
英語を学び続けてきましたが、会話はおろか簡単な自己紹介すらできない人が
ほとんどではないでしょうか?

外国人からすると、それはとても不思議なことに思えるようです。
私もその6年間の勉強がとても無駄なように感じます。

 

 

英語は独学で学べる


初めまして、

このページに興味を持っていただきありがとうございます。
英語学習コンサルタントを(勝手に)名乗らせてもらってます、
高野徹と申します(笑)

さて、「英語を話せるようになりたい」と思ったら、英会話教室に通ったり、
CD教材を買ったりするのが一般的だと思うんですが、

 

 

それって本当に効果的ですか?

 


私はこれまで独学で英語学習を続けてきました。
英会話教室に通ったこともないし、教材も買ったことないし、留学経験もありませんが、
多くの人が抱えている英語コンプレックスのようなものはないです。

 

 

お金をかけずに、英語力を高める方法を紹介します。

 

 

“できるだけ、お金をかけずに学びたい。

できるだけ、しんどいことはしたくない”

 

多くの人がこう思っているでしょう。

「英語を学びたいと思っているけど、お金が理由でなかなか一歩踏み出せない」
「留学したいけどお金が・・・」

教育には多額の費用がかかります。 それは事実です。
しかし、私はこう思うのです。

 

 

「お金をかけたくないんなら、

独学でいいのでは?」  と。

 

 

インターネットを最大限利用すれば、
英会話教室も、リスニング教材すらもいらないんです。

 

では、どんなものを使えば最適な勉強ができるのか?

 

 

語学には効果的な学び方というものがあります。

すなわち、日本の英語教育がおろそかにしがちな、

  • リスニング(聴くこと)と
  • スピーキング(話すこと)です。

この2つは非常に重要であるにも関わらず軽視されてきています。
(割合的にはライティング、リーディングが8割でリスニング、スピーキングが2割くらいでしょう。)

 

まず、リスニング力を鍛えるためにはどんな勉強をすればよいでしょうか。
それはできるだけたくさん聞きまくることです。
たくさん聞いてください。

聞けば聞くほどあなたの耳は英語を聞き取れるようになります。

そして、ただ聞き流すだけでなく、脳内で日本語に翻訳する訓練をたくさん積むこと。

〇ピード〇ーニングでお馴染みのキャッチコピー、ただ聞き流すだけではないので誤解しないでくださいね(笑)

(知ってか知らずかわかりませんが、〇ピード〇ーニングはたくさんの英語初心者を誤解させる表現を使っているという点で大きな功罪があると言えるでしょう。)

 

これが英語に慣れる最適・最短の方法です。


では、それを可能にする最適なツールは何かというと・・・

 

%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a4%e3%81%b9

 

 

 

です。

 

 

みなさんが、このページにたどり着いたということはインターネットを最低限使いこなせるでしょうし、Youtubeの可能性の大きさに気付いている方もいるでしょう。 
インターネットは無限の可能性を秘めています。
それを使えば独学で習得できると思いませんか?

 

 

 

 

 

 


私のメールマガジンではこのあたりのことを詳しく解説していますので
興味がある方、ぜひメルマガにご登録ください !

 

 

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7

 

 

なまえ

LP文4

 

 

 

 

 

 

めるまが1

 

toroku
 
 
 

※ケータイアドレスはメールが届かないことがあるようです。
フリーメールアドレスなどをおススメします。

 

 

 

 

bene

kokoi